講師プロフィール

竹内 夏希
代表
23F1BE8B-0A62-4E85-89A6-406CF44AF150.jpeg
1994 6歳よりバレエを始める
2000 第10回全国洋舞コンクールinNagoya入選
1999 〜2008
第3回青少年のためのバレエコンクール
第4回青少年のためのバレエコンクール 決選進出
第13回こうべ洋舞コンクール 決選進出
第6回バレエコンペティション21決選進出
第12回バレエコンペティション21 シニア 決選進出
           など、コンクール多数出場
2000 「くるみ割り人形」全幕 フリッツを踊る
2003 半田市福祉文化会館にて「眠れる森の美女」主役オーロラ姫を踊る
2004 講師として半田支部を任される 
2005 名古屋市を中心に10ヶ所以上の支部を担当するようになる
2008~グラン・パ・ド・ドゥ【「パキータ」より…谷桃子バレエ団所属 三木雄馬、「海賊」より…大平哲滋)】などを踊る
1994〜2009
コンテンポラリーを含む様々な舞台を経験する【愛・地球博(愛知万博)・東海テレビ開局50周年記念グラン・ドリーム・バレエ・フェス、他全幕を含むバレエ団公演など】
2013 結婚
2014 長男誕生
2015 長女誕生
2018 ヒロ・クロンドールバレエ 代表 伊藤裕美 考案のバレティス®︎に感銘を受け、バレティス®︎トレーナー資格を受講する
・ヒロ・クロンドールバレエ代表伊藤裕美より、実技・モチベーションテクニックを学ぶ
・理学療法士:羽原和則より解剖学を学ぶ
・バレエ評論家・舞踊ジャーナリスト:菘あつこ よりバレエ教養を受ける
2018 バレティス®︎トレーナー資格取得
2018
その後、解剖学に興味をもち
バレエ指導者として、身体の研究や表現方法の研究など、日々勉強を重ねる
2018 オペラ 特別企画
ソプラノ歌手 加藤明美(数々の賞を受賞・バルバラ・フリットリ氏のマスタークラスを修了。イタリヤにてMusica Riva festivalに参加。ミエッタ・シゲーレ氏のマスタークラスを修了。2017年度ミス・アース・ジャパン岐阜大会準優勝、ミス・エアーに選出。名古屋市・ランス市姉妹都市提携記念式典などでも歌う。)からの依頼で、プロデュース、演出(振付)をする
2018 M&B studio設立

ブログも更新しています。

よろしければ、ご覧ください。

⬇︎こちら



ごあいさつ

M&B studioに興味を持っていただき、ありがとうございます。

私は、幼少期より通っていたバレエ団にて、講師をさせていただいておりましたが、結婚や出産をしたこともあり、バレエを数年離れました。バレエから一度離れた事をきっかけに、バレエの良さというものを改めて実感いたしました。

 

正直、バレエ漬けの日々では、見えないことがたくさんあります。バレエの素晴らしさ、バレエの楽しさ…当たり前すぎて見失っていました。

当時、発表会やコンクールなど、あらゆる舞台を経験させて頂きましたが、私は世界で羽ばたくバレリーナにはなれませんでした。

 

 

正直に申しますと、基礎・技術よりも表現することの方が好きでした。練習は苦手ですが、本番は大好き!そんな子どもでした。皆さまに拍手をして頂ける喜びは何度舞台に立っても感じることができ、とても幸せな瞬間です。

 

 

 

そんな私ですが、基礎がわかっていなかったわけではありません。「わかっていてもできない」ことがありました。そもそも、身体が向いていないのかもしれない…そんな言い訳をしながら、〃効率の良い練習〃をしないまま、ただひたすら時間を費やして踊っていました。さらに、それを考える余裕も時間もありませんでした。

 

 

しかし、バレエから離れ、ゆっくりと時間をかけて勉強し研究すると、見えてきたことがたくさんあります。

いろんな謎が解け、どんどん楽しくなっていきました。「ターンアウト(アンディオール・脚の外旋)にはこの練習を!」「自分にはこの筋トレが必要だったんだ」「ここをこうしたらもっと良くなる」など、努力すべき箇所、またその方法がわかっていきました。

 

 

そんな私だからこそ、皆さまの悩みに寄り添う事ができるのではないかな、と思っております。

 

「5番はきちんと入れて~」「脚は股関節から開いて~」「内腿しめて身体は真っ直ぐに!」…バレエの先生がよく言うセリフですが、そんな事はおそらく、ほとんどの場合生徒はわかっているのではないか…と思うです。「どうすれば、5番が入るようになるんですか?」それを教える事が、私のお仕事だと思っています。

 

バレエは総合芸術です。一人一人、課題が違い、やるべき努力が違います。バレエを愛する皆さまの何かのきっかけになっていけたら幸いです。